転職エージェントで女性に人気の職業とは?

【保育士の転職先は多いが労働条件は改善されていない】転職ばやりの昨今ですが、転職するには職場がなければ始まりません。
職場の多さは業種によってまちまちですが、はたして保育士の職場はどうなのでしょうか。
まず保育園ですが待機児童という言葉がよく聞かれる昨今ですから、はっきり言って保育所は大幅に不足しています。
したがってそれを解消しようと新しい保育園が次々誕生していますから、それに伴って当然保育士が必要になります。
ということは今は保育士の需要は多いと考えてよいのではないでしょうか。
需要が多いのに加えて、離職もまた多いのが保育士です。
したがって転職先にはある程度恵まれているのではないでしょうか。
ただどこへ転職しても当面は次のようなマイナス点が伴ってくることを承知しておく必要があります。
<保育士のマイナス点>①賃金が安い。
②時間外労働が多い。
③人が不足しているため負担が大きくなる。