ニキビケアの基本は正しい洗顔?ニキビ化粧品を使えばもっと良い?

スキンケアでいちばん大切なのは、正しい方法で洗顔することです。
誤った洗顔方法をしていると、肌を傷つけることになって、保水力の低下を招く理由のひとつとなるのです。
力いっぱい、ゴシゴシと擦るのではなく優しく洗う、漱ぎを時間をかけて行うといったことを頭において、洗顔をすべきです。
肌がかさつくなら、低刺激のビーグレンの洗顔料を選択してよく泡立てて、出来るだけ、肌をこすらないようにしてください。
力強く洗うと肌に悪いので、ポイントとしては優しく洗うことです。
加えて、洗顔後は欠かさず保湿をするようにしましょう。
化粧水しか使わないのではなく、乳液。
美容液クリームも状況に合わせて用いるようにしてください。
洗顔時に熱湯を使用すると要らない汚れだけでなく必要な皮脂も落としてしまいますし、洗えてない部分があるとトラブルの原因として乾燥肌やニキビが起こってしまうので意識しておくことが大切です。
洗顔が終われば、すぐに化粧水を勿体がらずに使い、丁寧に肌に押し付けるように吸い込ませ、絶対に乳液を塗り、水分が出ていかないようにしてください。
他の部位より乾きやすい目元、口元などは、少しだけ多めに化粧水、乳液を塗るようにします。
ニキビは皮脂により毛穴が詰まってしまって、炎症を起こしています。
乾燥肌だと皮脂が少ないことから毛穴の目詰まりは起こらないように感じますが、現実はそうではありません。
皮脂の分泌が少ないと肌は乾燥することを防止するためにたくさんの皮脂分泌をしてしまいます。
結果、毛穴が目詰まりを起こしてしまってニキビが発生するというケースが多いです。
日々、長く湯浸かるが好きな私はお肌のドライ策のために、常時洗顔後は急いで化粧水をつけてから、ゆっくり長湯を楽しんでいます。
けれども、真冬の季節は化粧水だけでは入浴後の乾燥において不充分な気がするので、化粧水はもちろんのこと、保湿美容液もしっかり塗ってお風呂に入りますが、これをやるようになってから乾燥肌がだいぶ改善されつつあります。

人気のニキビケア用品ビ--グレンとは?