入国手続きをしよう

そして、快適な空の旅を楽しみます。
その後は、いよいよ海外への入国となりますよね。
(笑顔)ただ、いつまでも海外旅行気分に浸っている訳にはいきませんよ。
それは、入国手続きになります。
ここでトラブルを起こす人は結構多いと言います。
(汗)ですから、入国手続きの基礎知識と言うのは、なるべく事前に覚えておくと良いですね。
<入国手続きの基礎知識について>「到着」から「入国」までのフローを覚えておくことですね。
これが重要です。
それで問題はありません。
(笑顔)※'(注意):ただし、トランジットの乗客に付いていってはいけませんよ。
注意しましょう。
※「Arrival」という看板があります。
またサインなどを目印にしておくと良いですね。
それで間違いありません。
しばらく進みます。
そうすると、入国審査のカウンターに到着します。
そこで行うのは、パスポート、および入国カードの掲示になります。
<ツアーで参加している場合><そうでない場合>必ず一度は両アイテムをチェックしてください。
入国審査が済めば、次は荷物の受け取りになります。
これは国内とほぼ同じです。
<場所がわからない場合>※「Baggage Claim」という看板、サインを目印にします。
そして、人の流れに乗って行けば問題ないと思います。
(笑顔)。
ターンテーブルには、それぞれ便名が提示されています。
ですから、それを参考に、自分の乗った便を探してくださいね。
最後に、税関が待っていますよ。
(汗)機内で税関申告書を記入した時は、赤いライトのカウンターに行きます。
そこで申請を行います。
<申告不要の場合>※緑のライトへ行きましょう。
そして、いよいよ入国となります。
ここから本格的な海外旅行が始ります。
(笑顔)。
ドル両替銀行