現代社会で、保存食品が大きく取り扱われるようになっています。それで缶詰が開発されたからと言っても過言ではないでしょうね。缶詰は、それほど食の概念を変えた発明と言えます。そんなこともあって世界全体に大きな影響を及ぼした加工方法になります。缶詰が何故、保存食品として成立するのかと言うと、食品が腐る要素の中の「酸素」を著しくシャットアウトすることが出来るからですね

。密封状態にすると、中に酸素が入り込まなくなります。また、缶の内部は温度が変わりにくい為、温度による腐敗も防止することが出来ます。当然、水分も入り込まないですよね。それで腐敗の三要素全てを軽減させると言うかなり優秀な保存方法と言えます。缶詰は、中に入れる食材ごとに「高温殺菌」を施します。これにより内部が無菌状態となります。それで長期間に亘る保存が可能となります。缶詰の技術が発展したのは、製造会社の創意工夫、努力の賜物と言えます。(笑顔)『缶詰食品』一般人にとってかなり馴染みのある物だと思います。(笑顔)。肉類、魚類、フルーツなどもあります。

このように様々な加工食品が取り揃えられています。その中でも有名なのが、ツナ缶をはじめとした魚類ではないでしょうか。また、みかん、パイナップル、桃などのフルーツ類も安価で並んでいます。こういった缶詰は、単に保存食品としてだけでなく、学生など一人暮らしをしている人にも愛用されています。(笑顔)

関連ページ